ガールズバーの暗黙のルール

これは知っておくべき

ガールズバーはキャバクラやクラブと違い、接待行為は禁止されています。
キャバクラ等は風俗営業1号許可という区分になるのに対して、ガールズバーは深夜酒類提供飲食店という区分になります。
接待行為はしても良いけど0時以降は営業できないというのがキャバクラ等で、接待行為はしてはいけないが0時過ぎても営業しても良いのがガールズバーです。
接待行為は禁止されているということを理解しておきましょう
 

暗黙のルール

お客は女の子と話す事を目的として行ってはいけない
 
カウンター越しで特定のお客と会話をするのは接待行為に当たります。
なので、お客の立場からすると、ある特定の女の子と話をしたいがためにお店に行き、長い時間その子と話してしまうのはルール違反なのです。
しかし多くのガールズバーでは、女の子がお客さんと談笑する場面はよく見られます。
ここはとってもグレーゾーンなのですが、カウンター越しで、体の接触はせず、お酌やたばこの火をつけたりしないで話をするのは良しとされている場合が殆どなのです。
私個人としても、スタッフの方とお話しするのは楽しいので全面的に反対だとは言えません。
が、あくまでお酒を飲むことを目的として来店していると言う意識は持っておきましょう。
口説いたり、女の子と仲良くなろうとは思わないほうが身のためです。
 
同伴・アフター・指名は存在する
 
上記のように接待行為は禁止されている為、本来ではれば指名などもしてはいけません。
しかし、同伴もアフターも指名も、存在しているお店はあります。
個人的にはしたことがありませんが、知り合いで毎回特定の女の子を指名している人もいます。
こればかりは本人の責任としか言えないので全面反対は出来ませんが、本来は禁止されている行為です。
その事は頭に入れておいてください。
 
おねだりされたら1杯は奢るべき
 
ガールズバーによってはドリンクバックシステムを採用しているお店もあります。
そうすると女の子からドリンクをおねがりされる事もありますが、1杯は奢るようにしましょう。
何杯も催促するようなお店は行かないほうが良いです。
それならキャバクラに行った方が接待の質は高いので。
 
連絡先の交換は当人の許可を得て
 
どうしても働いている女の子の連絡先を知りたくなったら、まずお店のルールに従いましょう。
お店によってはトラブルを防ぐためお客とスタッフの連絡先の交換を禁止している店もあります。
そして女の子の意志を尊重して、無理やり聞き出すはのいけません。
自分の連絡先を紙かなんかに書いて渡して、向こうから連絡が来るのを待ちましょう。
連絡が来なければ、そういうことです。